ペアーズでログイン状況を知られたくない!ログイン時間非表示にできる?

砂時計

ペアーズでは、会員のログイン状況を知ることができます。

 

しかし、相手のログイン状況が分からない方がいい場合もありませんか?例えば、ペアーズで異性に会った後、ペアーズを覗いてみたら、その相手が既にオンライン表示になっていたとしたらどうでしょう?

 

自分と会った直後に相手がまた違う相手を探しているのでは?と勘ぐってしまいますよね。ただ、ペアーズをはじめとする恋活・婚活サービスでは、並行して複数の人とやり取りしたりするのは普通のことです。

 

それでも、自分が複数やり取りしている人の中の1人ということが分かると、ちょっと残念な気持ちになりますね。ですから、ログイン情報を知られないようにしたいこともあります。

 

しょーたん
今回は、ペアーズでログイン状況を知られないようにする方法はあるのか?ログイン時間を非表示にする方法はあるのか?についてまとめました!

 

 

スポンサーリンク

ペアーズでログイン時間を非表示にする方法の前に・・・

女性

 

ペアーズでログイン時間を非表示にする方法の前に・・・、ペアーズでは、マッチングしてからメッセージを2往復すると、相手のログイン状況が分からなくなるようになっています。

 

これは、相手がログインしているのにメッセージが返ってこない(>_<)という気持ちになるのを避けるための配慮でしょうね。

 

こういう仕様になっていながらも、以前はコミュニティのメンバー一覧から相手のログイン状況を確認することができました。現在では、この方法は使えなくなっていますからね!

 

ペアーズでログイン時間を非表示にする方法

隠れる

 

上で説明した通り、ペアーズではマッチング後2往復メッセージをすると、ログイン時間が非表示になります。

 

「じゃあ、ログイン時間を非表示にする必要なんてないんじゃないの?」と思う人もいるかもしれません。しかし、友達もペアーズをやっていて、友達に確認してもらえば、ログイン状況が分かってしまいます。

 

あまりない状況かもしれませんが、あり得ないことではありません。最近では、ペアーズをはじめとする恋活・婚活サービスを利用している人も増えてきていて、利用していることを友達にオープンにして話す人も多いですから、友達のスマホから見てもらったり・・・というのも意外とあるようですよ。

 

こうしたことを防ぐためにマッチングして2往復以上メッセージしていない人、マッチングすらしていない人であっても、ログイン時間を知られないようにする方法があります。

 

それは、プレミアムオプションを付けることです。

 

ただ、有料会員の料金とプレミアムオプションの料金を足すと、月額約6,000円になり、高額になってしまいます。お金のことを考えると微妙ですよね。

 

絶対にログイン時間を知られたくない!!って人だけ入ればいいのではないでしょうか?また、プレミアムオプションは、ログイン時間を非表示にできるだけではありません。

 

こちらの記事で、プレミアムオプションの機能について全部説明しているので、気になる方は読んでみてください。ちなみに、メッセージを送ったのに返信がない場合、メッセージが読まれたかどうか気になる人もいると思いますが、既読/未読がLINEのように分かるようにもなります。

 

ペアーズでメッセージの返信がこない!未読/既読を知る方法は?

2017.09.04

 

スポンサーリンク

まとめ

  • ペアーズでは、マッチング後、相手と2往復メッセージをやり取りすると、相手のログイン時間が非表示になる。
  • やり取りしている相手からログイン時間が非表示になったとしても、相手の友達のアカウントから覗かれると、ログイン状況は分かってしまう。
  • ペアーズでは有料会員の他に、プレミアムオプションが用意されており、プレミアムオプションの機能の中に、ログイン時間を非表示にする機能も含まれている。

 

いかがでしたか?

 

プレミアムオプションに加入することで、ログイン時間を非表示に設定できることはわかりましたが、正直これだけのためにプレミアムオプションに加入するのはコスパが悪いと思います。

 

こういった恋活・婚活サービスを利用する上で、まず心に留めておきたいことは、「複数の人と並行してやり取りするのは普通である」ということです。それが当たり前なのだ!と思っていれば、相手のログイン状況なんて、そこまで気にすることもないです。

 

プレミアムオプションの機能の中で、やっぱり一番魅力なのは検索機能が全て開放されることだと思います。細かく条件を指定して、並べ替えも自由自在。特に会員の多い都心部ならプレミアムオプションに加入してもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す